INDEX
国際宇宙大学日本卒業生会(JASI:Japanese Alumni Society for the ISU)
国際宇宙大学日本卒業生会会規約

※2003年11月現在

国際宇宙大学日本卒業生会会規約

国際宇宙大学日本卒業生会(JASI、Japanese Alumni Society for the ISU)は、所属会員が協力して互いの立場を尊重し、互譲協調の精神に基づき、次の規約の下で会の運営にあたるものとする。

1. 設立目的および活動内容

JASI はISU 卒業生やISU 関係者間の交流活性化と、ISU を通じた日本における宇宙教育の普及促進を活動の基本理念とし、次の目的のもとで主として以下に併記される活動を行う。

1.1 ISU や宇宙、およびその開発に興味を持つあらゆる個人、法人、団体への情報提供と支援
  • ホームページ、ニュースレター、Alumni Road Show 等を通じた国内外へのISU 普及啓発活動
  • 日本人学生への奨学金制度確立(SSP'04 に1人以上の奨学生を公募派遣)と奨学生枠の拡充
  • SGF、会員による講演会活動、関連ゼミ等の支援

1.2 ISU 活動への経済的、人的、学術的貢献
  • ISU 本部や他のISU 卒業生組織の活動支援、ISU SSP やMSS、年次シンポジウム等への講師派

1.3 会員間の情報交換促進および交流活性化
  • メーリングリストや関連データベースの管理運用、学生壮行会やJASI パーティの開催等

2.入会および会員資格

日本国内の全てのSSPおよびMSS卒業生は卒業と同時に会員資格が与えられ、入会となる。会員は入会と同時にJASIメーリング・リストと会員データベースに登録され、JASIにおける議決権を持ち、JASIとしてのあらゆる活動に参加できる

3.寄付および出資

JASIは会員やJASIおよびJASI運営事業の趣旨に賛同する個人・団体等の善意による寄付や出資を希望し、これを歓迎する。ここで寄付とはJASIが一切の返済や見返り義務を負わない金銭等の提供をいい、出資とはJASIが出資者に対して出資時における出資価値と同等の金銭等の返済義務を負い、出資者が必要な際にJASIに申し出れば速やかに出資者に元本保証、無利子にて返済される資金提供等をいう。

4. 決済口座等

寄付や出資の受け入れ、奨学金や返還金の授受等、JASIおよびJASI運営事業に関わる金銭の決済は、原則として下記口座を利用する。なお本口座の銀行届出印はJASI団体印であり、これはJASIの会計帳簿とともに在任中の会計部長が管理するものとする。

口座名義:国際宇宙大学日本卒業生会
みずほ銀行浜松町支店
店番号:148
口座番号:8035687(普通)

5. 組織構成

JASI は会員全員による直接民主制に則った議決機関と、本機関による選任者らが組織運営を行う際の執行機関を有する。執行機関の構成、各部の部長の選任方法と人数、および担当業務は次の通りである。

なお各部の部長は担当業務の遂行にあたり、会員内外の者に適宜協力依頼を行える。
  • 名誉会長(会員による選任、1名):JASI運営にアドバイスするとともに、会長の依頼により会を代表する
  • 会長(会員による選任、1名):JASI の代表、運営取りまとめ
  • 副会長(会員による選任、1名):代表補佐、議決機関における議長
  • 顧問(会として依頼、数名):ISU 本部との連携、学術的対応、社会的認知向上、資金運用、組織運営におけるアドバイザ
  • 会計部(会長による指名、1名):会計業務、会計報告
  • 会計監査部(会長による指名、2名):会計監査、会計報告
  • 選挙管理部(広報・情報管理部長による指名、1名):選挙管理業務
  • 広報・情報管理部(会長による指名、1名):ホームページ、メーリングリストおよびデータベースの管理運用、ニュースレター配信とディア対応
  • 国際部(会長による指名、1名):ISU 本部、ISU-ASIA、他の卒業生組織との対外窓口業務、在日外国人、在外日本人卒業生の対応
  • 学術部(会長による指名、1名):ISU 等への講師派遣、奨学金制度における学生選等
  • 企画部(会長による指名、1名):奨学金制度の整備、JASI 年次会、アルムナイ・ロードショウとJapan Day などの開催

6. 資金等の利用と会計報告

6.1 会費利用

JASI としての活動に伴う全ての会費利用においては、事前に利用理由と金額を会計部長に連絡し、その承認を得た上で利用することが出来る。また利用時には原則としてJASI 名義の領収書をとり、これを会計部に提出しなければならない。

6.2 資金等の利用

JASIとしての活動に伴う全ての会保有資金等の利用においては、事前に利用理由と金額を会計部長に連絡し、その承認を得た上で利用することが出来る。また資金等の授受は原則として決済口座を通じて行い、決済口座を通じない資金等の利用時には、原則としてJASI名義の領収書をとり、これを会計部に提出しなければならない。

6.3 会計と会計報告

会計部は4月1日を開始日、翌年3月31日を締め日として会計処理を行い、年次会開催時に会計報告を会計監査とともに行う。同様の会計報告は会員の共有するメーリングリストにも配信し、JASIホームページ上にも公開する。

7. 執行機関の任期、選挙および議決

7.1 任期

会長および副会長の任期は、会長就任時から2 年間を1 期とし、任期は連続2 期までとする。各部の部長は、自分が指名された会長の任期満了か、その会長が途中辞任した場合は、新会長による新執行部の指名が行われるまでとする。各部の協力者には任期は無く、作業内容によっては非会員の参加協力も可能とする。

7.2 選挙

本会の会長、副会長は所属会員全員からなる議決機関の行う選挙により選出される。任期満了等により会長が辞任する際には、選挙管理担当主導の下で速やかに選挙を実施する。この時、選挙管理担当は選挙実施にSubject に"選挙(Election)"と明記したメールを会員メーリングリストに配信し、投票依頼と結果の報告を行う。なお新会長が就任して執行機関が再編されるまでの間は、副会長が暫定会長となって執行機関が継続運営される。

7.3 提案と議決方法

本会規約の改変や活動内容に対する提案は、副会長を除く会員全員がメーリングリストを用いて配信できる。この時提案者は、提案のメールをリスト上に送信する際にはSubject に"提案(Proposal)"と明記して送信を行う。送信された提案はメーリングリスト上の会員により最長1〜2ヶ月間まで議論の後、議長である副会長が必要と判断した際に採決を行う。この時議長は、会員全員に対して採決への協力依頼としてSubject に"投票(Vote)"と明記したメールを配信して決を採る。
ここで採決の際、賛否同数の場合には議長の裁定で決するものとする。なお副会長は議長として議決にあたるため、提案権および投票権は持たないものとする。また議題が個々の活動内容等に特化している場合には、 活動内容に応じた部長に状況報告や対応を依頼することがある。

7.4 定足数

選挙、議決とも全会員の20%以上の得票をもって結果を有効とする。

8. 年次会およびJASIパーティ

8.1 年次会

本会は毎年4月12日を含む週の土曜日に定例年次会を開催し、 会員内外に会の活動報告を行う。また同様の報告をメーリングリスト上にも配信する。年次会の報告内容は次の通りとする。
  • 活動報告:各部長からの年度内活動報告
  • 会計報告:会計監査からの年度内会計報告
  • 人事報告:人事とその任期の報告、次期選挙の告知等
8.2 JASIパーティ

JASI パーティは年次会の後に行い、パーティ開催時の前年度卒業生がJASI パーティ幹事となってMSS、SSP の報告、 卒業生その他からの情報提供と懇親を交えたパーティを行う。

9. 協議事項

本規約に定めのない事項または本規約の各条項の解釈に疑義を生じた事項については、所属会員間で誠意をもって協議の上で決定する。

2001年3月12日作成
2001年4月12日施行
2003年11月17日改定・施行

以上

写真提供:宇宙航空研究開発機構
Copyright (C) 2001-2003 Japanese Alumni Society for the ISU. All Rights Reserved.
If you have any questions or comment、 please send an e-mail to kidachi@kazuhi.to